センターについて

ABOUT

当センターのご案内

これまでに7万人の臨床データ数を誇り、
実績カウンセリング件数は累計13万件に及びます。

不登校支援センターについて

当センターは、一人でも多くのお子さんが社会に適応できるよう、2009年よりカウンセリング事業を始めました。これまでに7万人の臨床データ数を誇り、実績カウンセリング件数は累計13万件に及びます。昨年度は約5,000人の方がご相談にいらっしゃいました。

全国に7支部「札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡」を構え、年々増え続け、複雑化している不登校の問題の解決に取り組み、子どもたちが笑顔で復学し、社会に適応できる力をつけていくことが、私たち不登校支援センターの役目であり、使命であると考え活動してきました。

その他の活動

不登校支援センターの活動1

学業支援

当センターでは復学を最終目標にはしておりません。
お子さんが大人になり、社会へ出た際の社会適応を目指しております。
そしてお子さんにとって、ひとつの社会である学校への復学が、ご家族の第一の目標になります。
復学後の「学習についていけるだろうか?」という不安を少しでも軽くするため、そして「勉強の遅れを取り戻したい!」という気持ちを支援するため、学業支援を行っております。
また「授業についていけない」などの心配がある場合にも、もちろん支援・対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

不登校支援センターの活動2

イベント

同支部のカウンセラー同士で連携を取り、年に数回お子さんたちとイベントを行っています。
イベントを通し、集団行動の楽しさを経験していただき、またお子さん一人ひとりが各自目標を作ることで、自らの成長を感じることにもつながります。

不登校支援センターの特色

不登校支援センターの活動3

1. 心理検査を用いた原因の数値化

当センターでは、医療機関でも採用されている心理検査を行います。
「SCI・ACS・エゴグラム・FDT」などの記入形式の心理検査を使用し、どのような価値観を持っているのか、どのように物事を受け止めているのか数値化することによって、お子さんに対して最も適切なアプローチを判断していきます。
例えば、エゴグラムでは他人に対して肯定的か否定的か、自分に対して肯定的か否定的かを理解していきます。
コップに半分入った水を「まだ半分ある」と思う方もいれば、「もう半分しかない」と思う方もいます。
人によって物事の受け止め方は違いますので、当然かかるストレスも違います。お子さんはどのような受け止め方をしているのか、それを科学的に数値やグラフで表すことで、お子さんの現状を明確化することができ、より確実に不登校を解決することができます。

不登校支援センターの活動4

2. 医療機関との連携

他の機関で「お子さんのようなケースは弊社では対応できません」と言われたことがある保護者の方や、「お子さんが動き出すのを待ちましょう」「お子さんの様子を見守りましょう」と言われ、お子さんへどのように接していけばいいか・・・と不安をお持ちの保護者の方もいらっしゃるかと思います。
当センターではそういった不安を出来る限り軽くしていただくためにも、「お子さんに対してどのような働きかけをするのか、また何故そのような働きかけが必要なのか」といったことを不登校専門カウンセラーがしっかりご説明させていただきます。
また、当センターへお越しのご家族様を的確にサポートできるよう、医療機関医とも連携を取りながらカウンセリングを進めております。

3. 社会適応に向けた具体的支援

社会適応に向けた具体的な支援を行います。

最近取材を受けた一例

昨今、その活動が広く認知されるようになり、テレビや新聞、雑誌などから数多くの取材依頼をいただいています

このように多くの取材を受けるのは、ただ単に「寄り添う」「共感する」「傾聴する」「子どもの自主性を重んじる」というだけのカウンセリングではなく、科学的に証明されている理論や手法を的確かつ有効に用いて、積極的にお子さん本人やお子さんをとりまく周囲の環境に働きかけを行い、お子さんご自身の意欲を引き出し、迅速な不登校の解決を目指す当センターの手法が注目されているからです。

不登校支援センターでは幼児・小学生・中学生・高校生・大学生の不登校解決のための支援や、不登校を予防するための活動を行っています。
不登校を「問題」としてではなく「良い経験」として、過去に乗り越えた壁の一つとなるよう、全力で支援していくことをお約束します。

当施設について

目的及び事業は下記の通りです。

目的

幼児から社会人に至るまでに起こる不登校関連の調査研究を行い、
不登校克服の実践を促進し、学校教育の充実発展に寄与し、
あわせて学生の精神的向上を期する。

事業

前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

拠点一覧

理事一覧

施設の活動

1
団体の枠を超え、より組織的・統一的に活動しています。
2
関係団体と協力体制を敷き、常に連携を図りながら不登校を克服するための質的向上と、合理化に関する調査・研究にあたっています。
3
不登校克服に関する具体的事項について、調査・研究を行い、その経過報告・連絡・調整を行っております。

何をどうしたらいいのかわからない…

解決率87.1%

まずは「無料面談」を受けてください

無料面談の詳細はこちらフリーダイヤル初回面談のお問合せ窓口0120-05-944510:00〜18:00(全社休業日除く)

無料面談のご予約

以下よりご希望のエリアを選択ください