学業支援/発達障害

SUPPORT

発達障害支援

自分の子育てが間違っていたのではないか?

そのようにご自身を責めて動けなくなっていませんか?
お子様への気持ちに歩み寄る一歩は、親御さんの中にあります。
何かを始めてみることは、寄り添い支援していこうという気持ちを
お子様へ伝えることにも繋がります。

お子様への気持ちに歩み寄る一歩は、親御さんの中にありますお子さま(ちょっと気になる子)に対する発達支援

当センターにおいて対象とするクライアント

1

冗談が通じないなど、クラスのお友達とうまくコミュニケーションがとれない。

2

表情の読み取りに困難さが見られ、お父さんやお母さん、学校の先生、お友達がどうして喜んでいるのか、怒っているのか、悲しんでいるのかが分からない。

3

物事の優先順位を決められず、見通しを持った行動をとることが難しい。
(一般的に「アスペルガー症候群」と呼ばれるタイプ)

4

集中力を維持することが難しく、落ち着きがなく、よく動き回る。

5

社会的なルールに沿った行動がとりづらく、また、行動の切り替えが出来にくい。
(一般的に「注意欠陥多動性障害(ADHD)」と呼ばれるタイプ)

6

文法や意味の理解、繰り上がり/繰り下がりの計算など、文字の読み書きや計算に困難を示す。
(一般的に「学習障害(LD)」と呼ばれるタイプ)

7

言葉でのやりとりに大きな問題は見られないが、興味関心へのこだわりが強く、コミュニケーションをとりづらい。

8

気持ちのコントロールがうまく出来ない。
(一般的に「高機能自閉症」と呼ばれるタイプ)

不登校支援センターの強みを生かしたアプローチ

1

お子さまの「自立」に向けたアプローチ

「障害の診断」ではなく、これまでの研究例や実際例をもとに、
お子さまの「自立」に向けたアプローチをお子さま一人一人の状況や様子に応じて行います。

2

知識面向上アプローチと実践力向上アプローチ

ワークシートなどの教材を使用した【知識面向上アプローチ】と、
実際に外界の刺激に触れる【実践力向上アプローチ】の2つの側面からのアプローチを実施することで、頭と身体での理解を促します。

知識面向上アプローチ:ワークシートなどの教材を使用
実践力向上アプローチ:実際に外界の刺激に触れる

例)
自他の心情理解を深める。
計画性や実行性、社会的マナーの向上、習得。
文字や数字、図形への興味関心を促す。
リズム感や身体の動かし方の体得。
3

全15回のプログラム

当センターでは、全15回のプログラムを設けています。
全15回のプログラムの中から、お子さまの状況に応じて内容や回数を構成し、セッションを進めていきます。

4

親御さんと支援方法の共有

1回のセッションは、基本的には100分間です(※お子さんの状況に応じて50分間)。
その中で、当センターの「不登校部門」における臨床例も取り上げながら、お子さまの自立に向けた見通しをしっかりと立て、親御さんと支援方法の共有を図ります。

料金 1回100分(15,000円+消費税)/ 1回50分(7,500円+消費税)

5

幼児期から青年期まで

幼児期や学童期の子どもたちのみならず、青年期のお子さまに対する支援も行います。

6

心理検査(エゴグラムやACSなど)

心理検査(エゴグラムやACSなど)を導入することで、お子さまの「こころ」の状態やその変化についても客観的に捉えていきます。

受け付け方法

各支部担当カウンセラーに一度ご相談ください。
ご質問などを承っておりますので、お気軽にご相談ください。

何をどうしたらいいのかわからない…

解決率87.1%

まずは「無料面談」を受けてください

無料面談の詳細はこちらフリーダイヤル初回面談のお問合せ窓口0120-05-944510:00〜18:00(全社休業日除く)

無料面談のご予約

以下よりご希望のエリアを選択ください