「コミュニケーション」に関連する記事

不登校支援には欠かせない「自己肯定感」って?―子どもを理解するヒントについて―

こんにちは。不登校支援センター名古屋支部の田淵友里です。 蒸し暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 湿気によって不快指数も高くなり、気分的にも憂鬱になりやすいですが、そんなときほど好きなスイーツを食べたり、好きな音楽を聴いたりして気分を紛らわせたいですね^^ 今回は、不登校支 …

不登校解決現場レポート子供の心理学小学生の不登校幼稚園の不登校高校生の不登校

子どもがカウンセリングに行きたがらない・・・親御さんのみでも面談に来ていただきたい理由

こんにちは。不登校支援センターの大阪支部の黒木ゆかりです。 初回面談でお話する親御さんの多くから 「子どもにカウンセリングを受けてほしいけど、子どもは行きたくないと言っている。どうすればいいのか。」 という声をお聞きします。 特に最初は、カウンセリングに行きたくない子どもが多いです。 子 …

お悩み解決「一問一答」不登校解決現場レポート中学生の不登校小学生の不登校幼稚園の不登校高校生の不登校

授業は行かずに部活だけ行かせていいの?~登校を再開するときに大事にしてほしい考え方~

こんにちは。不登校支援センター大阪支部の桒原航大(くわばらこうだい)です。 本日は、親御さんとのお話の中でいただいたご質問について、一緒に考えていけたらと思います。 授業には出ずに、部活だけ行かせてもいいのでしょうか? 中学生の子どもに関する相談だったのですが、 「ウチの子、『授業はしんどいけど、部 …

お悩み解決「一問一答」不登校解決現場レポート

【体験】不登校だった男の子が知った「言葉の捉え方」の大切さとは?

こんにちは。不登校支援センター名古屋支部の伊藤みゆきです。 6月に入りましたね。令和の時代も1ヶ月がたち、当初のにぎやかさは少し落ち着いてきたようにも感じますね。 不登校支援センターには、今現在不登校の状態の子だけではなく、不登校状態から抜け出した後も足を運んでいる子が少なくありません。 日々 …

不登校解決現場レポート

どうして大型連休明けは、学校を休みがち? ~認知論から対応を考える~②

こんにちは。不登校支援センター横浜支部カウンセラーの本沢裕太です。 先日、2020年東京オリンピックのチケットの申し込みが終了致しましたね。 私は申し込んではいないのですが、皆さんは申し込まれましたか? 1番の高額は、開会式でなんと30万円だそうですね!確かに、それだけの価値がありそう! ・・・とはいえ、 …

不登校解決現場レポート中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校高校生の不登校

不登校支援専門のカウンセラーが教える「子どもの気持ちを知る方法」とは?

こんにちは。不登校支援センター東京支部の小林矩子です。 親御さんとお話をするなかで、「子どもが何を考えているのか分からない」という言葉をお聞きすることがあります。 聞いても答えてくれない そもそも口数が少ない・・等 子どもの気持ちを知ろうと思っても、なかなか知ることができない・・・という …

中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校高校生の不登校

【危険!?】大人のひきこもり問題と不登校との関係性について

こんにちは、不登校支援センター札幌支部の松本です。 6月に入り、札幌ではよさこいソーラン祭りも始まり、初夏を迎えようとしています。 昨今、ニュースになっている大人のひきこもりの問題、関連した事件など毎日ニュースを賑わせていますね。 今の時期は新学期が始まり、環境にも慣れ始めたところで不登校状 …

不登校解決現場レポート

【良くある質問】カウンセリングは両親揃って受けた方がいいですか?

こんにちは。不登校支援センター東京支部の椎名愛理です。 今日はカウンセリングの中で、よく頂く質問について考えたいと思います。 カウンセリングの中で、よく頂く質問について 「夫は仕事が忙しく、カウンセリングに来ることが難しいのですが…」 「夫婦で休みが合わず、日によってどちらが来談するか分からな …

お悩み解決「一問一答」不登校解決現場レポート

【専門家が考察】不登校YouTuber(ユーチューバー)が与える影響とは?

こんにちは、不登校支援センター札幌支部の松本です。 札幌ではライラック祭りが始まり、来月にはよさこいソーラン祭りが開催されるなど、短い夏が近づきつつあります。 なんと、不登校YouTuber(ユーチューバー)が出現 昨今、不登校YouTuberの存在が世間をにぎわせていますね。 カウンセリングに来ている子どもたち …

不登校解決現場レポート中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校幼稚園の不登校高校生の不登校

不登校対応においてインターネット等の情報に翻弄されていませんか?

こんにちは。不登校支援センター東京支部の羽根千裕です。 東京では先日夏日を記録するなど、時間の経過を感じる頃合いとなりました。 皆様も御身体にはご自愛くださいね。 情報が多いが故に・・・ 新年度が始まり約1ヶ月半ほどが経ちましたね。 当センターにも多くの方にお越し頂き、お話を伺っております。 …

お悩み解決「一問一答」不登校解決現場レポート子供の心理学