お悩み解決「一問一答」不登校解決現場レポート中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校高校生の不登校

【事例】頭が痛くて学校に行けないけど、カウンセリングにも行きたくないというお子さんの場合①

こんにちは。不登校支援センター東京支部の本沢裕太です。

突然ですが「頭」を使った日本語って、たくさんありますよね。
普段、どんな言葉をよく使われますか?

  • 頭が切れる
  • 頭に入れる
  • 頭を冷やす
  • 頭を抱える
  • 頭が痛い 

などなど他にもたくさんありますが、

私が好きなのは「頭一つ抜け出す」という言葉です!

…が、良く使うのが「頭が痛い」かも知れません…

いつまでにあれやんなきゃー
あー、これも終わってない!
あー、あれがない!!
どうしよ…どうしよ…

何か失敗談になってしまいましたね。苦笑

また、この「頭が痛い」も人によって使い方が違ってきますよね。

  • 風邪で頭が痛い人
  • 花粉症で頭が痛い人
  • 偏頭痛の人


もしかしたら二日酔いで頭が痛い人もいるかも知れません。

その一方で、

  • 悩みごと・心配ごとの事を考えると頭が痛い。
  • 考えても答えが出ないことに対して、頭が痛い。

という方もいらっしゃると思います。

自分の場合は、思い通りにいかない事があると「あー、頭が痛い」と口にすることがあります。

中学生の男の子 A君(仮)

支援センターに相談に来てくれた中学生の男の子で、「頭が痛い」という症状が強くでていた子がいました。

ある日朝起きる時にものすごく頭が痛く、布団から出られなくなってしまい、学校をお休みする日が続きました。


親御さんから見ても本当に痛がっている様に見えたので、病院で診てもらったのですが、医者からは、特に異常は見られないとの事でした。

脳波の検査もしてみても、結果は異常なしとのことでした。
仕方なく市販の痛み止めを飲んでみても、なかなか症状が改善されません。
欠席日数は増える一方で、「これは、ただの頭痛ではないのかも……」と思われてご相談に来られました。

親御さんとの初回面談を終え、翌週お子さんも一緒に来る予定でしたが、その子はセンターには来れませんでした。

出発の直前に、頭痛になってしまったのです。

お子さんご本人がカウンセリングに来ないのでは意味がないのではないか…? とお感じになられる方もいらっしゃると思います。

もちろん、ご本人とお会いしてお話させて頂くことがカウンセリングの本来の目的の一つでもありますが、「本人がカウンセリングに来ない」という事から分かる事もたくさんございます。

今回は、そういった事例をご紹介したいと思います。

子どもがカウンセリングに来なかった時に、何をするか。

こちらの親御さんとは、ご自宅でのお子さんの様子やその様子を見て感じた親御さんの印象をお聞かせ頂きながら「何が頭痛を引き起こしているか」、また「頭痛が起きていない時はどんな時か」を一緒に整理していきました。

振り返ってもらうと、

  • 宿題の量が多い時
  • 試験が近い時
  • 初めての場所や初めての人に会いに行く時
  • 苦手な人がいる場所に行く時

などに、頭痛が起きやすい傾向が分かってきました。

また、「頭痛が起きるかもしれない」という事が不安になり、外出できない時もあったそうです。

こうなってくると、何がストレスの原因か分からなくなってきますよね…

これらの情報から、この子は

  • 緊張が高まるとき
  • 不安が強まるとき
  • 心細いとき

に「頭痛」という症状で何かを訴えていることが想像できます。

では、そういったお子さんに対してどの様に勇気づけを行っていくのが良いのでしょうか?

そのヒントが、実は「頭痛が起きない時」に隠されている事が多いのです。

  • ゲームをしている時
  • アニメを見ている時
  • 欲しい物を買いに行く時
  • 友達と遊びに行く時

そういった時は、頭痛は起きずに過ごせたようです。


カウンセリングに誘ってもらった時、「自分の事を話すのは、あまり好きではない」とおっしゃるお子さんは少なくないと思いますが、(実際、多く耳にします。) 来てくれると色んな事を話してくれます。

  • ゲームで何点取れた! コレがゲットできた! 
  • このアニメ (マンガ) の、このシーンが好きだ! 
  • このキャラクターが好き!
  • このアーティストが好きだ!

こういった話も、立派な「自分のこと」です。

そして、こういった話を聞かせてもらうことで

  • 自分の好きな事の話ができた
  • 自分の話を聞いてもらえた

と感じてくれるはずです。

自分の話を聞いてもらえた経験が積み重なっていくということは、

  • 自分にとって良かったこと (GOODなこと)
  • 自分にとって新しい何かに触れたこと (NEWなこと)


そういった自分の価値観を他者から「承認された」「受容された」と感じられます。

その安心感が、お子さんを勇気づけるのです。

さて、今回は「頭が痛い」と訴えており、カウンセリングにも消極的なお子さんの事例をご紹介致しました。

次回、この続きをお伝えしたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

無料面談について詳しくはクリック

関連ワード: , , , , , , , , , , , , ,