中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校

「わからない」 と答えるお子さんの本音

こんにちは。不登校支援センター東京支部の小川です。

5月になり、初夏を感じる季節になりました。

心身ともに、疲れが出やすい季節ですので、ご自分をしっかり労わってくださいね。

さて、

大型連休後は、

学校に行けなくなるお子さんが増える時期であり、

そんなお子さんに戸惑う親御さんも増える時期です。

学校に行かない子どもに…

学校に行かないお子さんに対して、

「どうして学校に行かないの?」

「学校の何が嫌なの?」

「これからどうしたいの?」

と聞きたくなるのは、当然のことです。

その一方で、

親御さんたちを困らせる

お子さんの答えが…

「わからない。」

です。

そう答えてくれるならまだ良い方で、

黙り込んでしまったり、怒り出す

場合も少なくありません

子どもの「わからない」の裏に何がある?

子どもに何を聞いても「わからない。」

としか返事が返ってこない場合、

その理由としては、

大きく分けると以下の2つが考えられます。

        ↓↓

① 子ども自身も分からない

自分の気持ちや考えが分からないというお子さんは、実は結構多いです。

(自分の気持ちや考えを上手く言葉で表せない…。)

(自分のことを考えるだけの気持ちの余裕がない…。)

などがその理由です。

当センターでは、

カウンセリングや心理検査などを通して、

お子さんの気持ちや考えを知っていくサポートをしています。

② 分かってるけど言いたくない

自分の中で、感じたり、考えたりしていることはあるけど言い出せないお子さんもいます。

「周りの人と話したくない。」

「相手を前にすると萎縮してしまう…。」

といったような背景がそこにはあります。

まずは、

ご家庭を子供の安全基地に変えていくことで、

お子さんが安心して話せる環境を作ることが大切になります。

お子さんが「分からない」から抜け出すために

いかがでしたか?

当センターでは、

お子さんが安心して話せる環境作りから始め、

お子さんの自己理解や、親子間のコミュニケーションのお手伝いしています。

子どもが「わからない」しか返事してくれない…

そのようなお悩みをお持ちの方は

ぜひ無料の初回面談をご利用くださいね。

無料面談について詳しくはクリック

関連ワード: , , , , , , , ,

この記事を書いた人

1

小川 泰一 (おがわ たいち) 東京支部 カウンセラー

独立開業後、これまで10年近く、人間関係や自分の将来に悩んでいる方を、カウンセリングやコーチングで支援してきた経歴を持つ。 その中で、お子さんが不登校になった、親御さんの悩みを聞く機会が増え、ご家族全体を支援していきたいと思うようになる。 現在は、不登校のお子さんが社会に適応できる力を身に着けられるよう、ご家族一人ひとりの想いを大切にしながらサポートを行っている。