1

松本 健太郎 (マツモト ケンタロウ) 東京支部 カウンセラー

大学・大学院で心理学・臨床心理学を専攻し、教育・医療・福祉・司法の4つの領域にわたって実務家教員の元でこころの健康に関する理論と実務を学ぶ。不登校や発達障害の子どもを対象とした家庭教師を務めた経験を活かし、子どもと親、学校の間にかけ橋を作っていけるような支援を行っている。

記事一覧

親の気持ちを子どもに上手に伝える方法とは?

こんにちは。東京支部の松本です。 暑い日が続いておりますが皆様体調はいかがでしょうか。コロナ感染防止のためにマスクを常に着用しているため、私は余計に暑苦しさを感じています…。熱中症に気を付けつつこの酷暑を乗り切っていきたいです。 さて、今回は「気持ちを伝えることの大切さ」についてお話したい …

不登校解決現場レポート中学生の不登校小学生の不登校幼稚園の不登校高校生の不登校

HSP(とても敏感な人)はなぜ社会や学校の中で生きづらさを感じるのか

こんにちは。東京支部の松本です。 コロナウイルスの感染拡大による外出自粛やイベント中止、それに伴う経済に与える大きなダメージなどによって不安定な状況が続いています。 こういった先行きの見えない不安を感じておられる方もいるのではないでしょうか。敏感な人はより強く不安を感じているかもしれません …

不登校解決現場レポート中学生の不登校小学生の不登校幼稚園の不登校高校生の不登校

自分の子どもがグレーゾーンかもしれないと思った時にお伝えしたいこと

こんにちは。東京支部の松本健太郎です。 今回のブログでは発達障害の「グレーゾーン」についてお話したいと思います。 近年、発達障害について社会的にも広く認知されると同時にグレーゾーンという言葉を耳にすることが増えてきました。 皆様はグレーゾーンと聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか? …

お悩み解決「一問一答」子供の心理学