中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校幼稚園の不登校高校生の不登校

子どもに親として何かしてあげたい時に大切な考え方とは?

こんにちは。不登校支援センター東京支部の小林矩子です。

子どもがうまく物事に取り組めずにいる時・・・

  • ついついやってあげたくなる
  • 教えてあげたくなる

みなさんこんな経験があるのではないでしょうか?

特に子どもが学校へ行かなくなると、「親として何かしてあげたい」という気持ちが高まる方も多いのではないかと思います。

そこで本日は、カウンセリング時の出来事を取り上げながら、「何かしてあげたい」と思った時に心に置いていただきたいことについて、お話いたします。

玩具を作ろうとしている女の子

小学校低学年の女の子が、カウンセリングルームで玩具の部品を組み立てていました。

しかし・・・

  • 全然違うところに部品をつけようとしたり・・・
  • 部品の向きが間違っていたり・・・
  • 取り付け方が分からず力任せにやろうとしたり・・・

なかなか上手くいかない様子をみていると、こちらがもどかしくなり、

「そこはちょっと違うよ」「こうするといいよ」と言いたくなってきます。

しかし、その女の子がとても一生懸命にやっていたので、しばらく様子を見ることにしました。

女の子は試行錯誤を続けています。

徐々に、適当に部品をつけようとするのではなく、部品の形を確かめるようになりました。

取りつけ方に気がついていき、スムーズに部品をつけられるようにもなっていきます。

そして、時間をかけながらも・・・ついに玩具を完成させました!

こちらに向かって、「できた!!ほら!」と嬉しそうな顔をするのを見ると、

「自分でできた」という体験は子どもにとってとても誇らしく、嬉しいことなんだなと実感します。

もしも、大人がやってあげていたら・・・?

  • もし、この女の子に対して組み立て方をすべて教えていたら・・・
  • もしくは、私がすべて作っていたら・・・

何が違ったでしょうか?

女の子は手伝いを受けることで、より早く、正確に玩具を組み立てることはできたと思います。

ただし、これがだめなら別のやり方をすればいい、という工夫の仕方を知ることはなく、「自分でできた!」という喜びや自信も得られなかったのではないでしょうか。

私がこの経験から考えたのは、今、子どもの代わりにやってあげることよりも、

◆子どもが「自分でできること」が増えること

「自分でやれそうだ!」という自信をつけていくこと

これらが大切なのではないか、という点です。

子どもは子どもなりに成功と失敗を重ねながら、「このやり方だと上手くいく」「このやり方がだめならこうすればいい」といったことを学んでいきます。

人にやってもらったことは、なかなか自分のスキルにはなりにくいものです。

そこで、大人主体で「やってあげる」のではなく、

  • 子どもが自分でやるのを、大人がサポートする
  • できない時には、やり方に気づくヒントを与える

といったサポートの仕方が大切になっていきます。

こうした関わり方によって、子どもはやり方を学び、

「自分で気づくことができた」「自分でやり遂げた」という自信をつけていきます。

少し大人のサポートがあったとしても、「自分でできた!」という感覚が得られれば、

「次はもっと難しいものにチャレンジしてみよう!」という気持ちも高まりやすいのではないでしょうか。

最後に・・・

今回は玩具作りを例にお話させていただきましたが・・・

学校へ行くことや、子どもが前に一歩進むことについても、

子どもが「自分で乗り越えた!」という気持ちを持つことが大切です。

それは大きな自信に繋がります。

「子どもが自分でやるのをサポートする」ために何をすればいいのか迷った際は、お気軽に不登校支援センターへご相談くださいね。

無料面談について詳しくはクリック

関連ワード: , , , , , , , , , , , ,