不登校解決現場レポート中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校高校生の不登校

どうして大型連休明けは、学校を休みがち? ~認知論から対応を考える~②

こんにちは。不登校支援センター横浜支部カウンセラーの本沢裕太です。

先日、2020年東京オリンピックのチケットの申し込みが終了致しましたね。

私は申し込んではいないのですが、皆さんは申し込まれましたか?

1番の高額は、開会式でなんと30万円だそうですね!確かに、それだけの価値がありそう!

・・・とはいえ、そう易々と払える額ではないなぁ…と感じてしまいました。

ちなみに競技では、陸上男子100メートル決勝で13万円だそうです。

この幸運を手にした方は、是非楽しんできてくださいね!

今回は、この陸上男子100メートルの話を織り交ぜながら、「認知」についてお話したいと思います。

日本では、2017年9月に桐生祥秀選手が100メートル走で初の9秒台を記録し、今年5月にはサニブラウン選手が日本人2人目となる9秒台を記録しました。

日本人が初めて10秒ジャストを出してから、およそ20年間記録が更新されることはなく、「日本人に9秒台は不可能だ」とまで言われていましたよね。

それが、桐生祥秀選手がその壁を超えると、わずか2年以内に2人目がその壁を超えてきたのです。

それまでは、「出来ないかもしれない」「不可能かもしれない」と思われていた事が「できる!」という認知に変わった事によって、できる事が前提でチャレンジしているからなんですね。

この様な変化は、日常生活の中でもたくさん目にする事があるかと思います。

  • なかなか自転車に乗れなかった子が、友達が当たり前の様に乗っている姿を見て、練習したら乗れた。
  • 嫌いだった食べ物を、すごく美味しそうに食べている人を見て食べてみたら、意外と食べられた。

子どもたちと接していると、そういった場面によく遭遇する事があります。

その他にも、

  • 「漢字が苦手だ」と言っている子と、漢字を使ったクイズに取り組んでみたら、楽しそうに考えられた。
  • 検定試験の過去問をやってみたら、想像していたよりも点数が取れて、取り組む抵抗感が減った。
 など、実際やってみると「思ったほど出来なくないな」と感じたり「意外と大丈夫だな」と感じることってたくさんありますよね。

それだけ私たちは知らず知らずの間に、思い込みの中で生活しているのです。

では、学校に行きにくい子は、どのような思い込みを抱えているのでしょうか?

  • 自分は何やっても上手く出来ない
  • 一度やり始めた事を最後までやり遂げられない
  • 自分は何の役にも立てていない
  • ○○が出来ない自分には価値がない
  • そんな自分は、学校に(家に)居場所がない
  • 周りの人が(家族が)自分を否定的に見ているに違いない

話を聞いていると、こういった思い込みが抱えている子が多い様です。

そんな風に感じていたら、「よし!頑張ってみよう!」「なんとかなるだろう」「やるだけやってみよう」などとはなかなか思えないですよね・・・。

まさに「自分の身を守る事に一生懸命になっている状態」と言えるでしょう。

「思ったほど出来なくないな」とか「意外と大丈夫だな」という成功体験をする為には、

①「自分の身を守る事に一生懸命になっている状態」をほぐしてあげ、一歩を踏み出しやすくしてあげる

②まずは学校以外の事から成功体験をする

これら2つが効果的だと、今までの経験上感じています。

これまでの人生経験の中で出来上がった思い込みは、一朝一夕に変わる事は期待できません。

しかし、周りからの関わりを続けていくことで、少しずつ気持ちがほぐれ、成功体験を増やす事は十分に可能です。

大切なのは、「続ける」ことだと思っております。

詳しくはまた次回お伝えしていきますね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

どうして大型連休明けは、学校を休みがち? ~認知論から対応を考える~①

どうして大型連休明けは、学校を休みがち? ~認知論から対応を考える~③

どうして大型連休明けは、学校を休みがち? ~認知論から対応を考える~➃

無料面談について詳しくはクリック

関連ワード: , , , , , , , , , , , ,