中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校高校生の不登校

自分と似た人の経験を見聞きする“代理経験”とは?

こんにちは。不登校支援センター東京支部の小林矩子です。

本日は、「きっとやれそうだ!」という気持ちを持つためにできることの1つ、 代理経験 についてお話させていただきます。

「やれそうだ」という気持ちの大切さとは?

「うまくいく気がしないな・・・」と思うと、なかなか取り組む気持ちになれない、というご経験はないでしょうか。

カウンセリングの中でも、

  • この教科は苦手だからやる気にならない・・・
  • 友達とうまく話を続ける自信がないから話しかけられない・・・

というお話を耳にします。

私自身、簡単な作業や得意なことはやる気になるけど、苦手意識があるものはなかなか手につかないなあ、と日々感じています・・・。

こうした時、「きっとやれそうだ!」と思えた方が、難しいことにも取り組みやすくなりますよね。

気持ちが変わるきっかけとは?

ある日、人と話すことが苦手だと言っていた中学生が、

「A君も前は人見知りだったんだって。でも、話が得意な人のまねをしている内に話せるようになったらしいよ。僕も最近はA君の話し方をまねしているんだ。」

というお話をしてくれました。

この中学生は、苦手を乗り越えたというA君の経験を聞いて、「自分も乗り越えられるのではないか」と感じたそうです。

このように、自分と似た人の経験を見聞きすることを、 代理経験 と呼んだりします。

実際に自分が経験していなくても、自分と似た立場・状況の人が課題を乗り越えるのを見聞きすることで、「自分もやれそうだ!」と思いやすくなるそうです。

ご家庭でもできることとは?

大人と子どもだと、同じ立場・同じ状況いることは少ないかもしれません。

しかし、

  • お父さんも前にこういう経験をしてね、こうやって考えるようにしたんだよ
  • お母さんはこういう時に困っちゃって、このように工夫したよ

等を子どもお伝えされることで・・・

子どもにとっては、

  • 「お父さん、お母さんでも、同じような壁にあたったことがあるんだ!」と安心する
  • 「このようなやり方で乗り越えられるんだな」と工夫の仕方を知る

といった、「自分もやれそうだ!」という気持ちにつながっていきます。

最後に…

子どもの「やれそうだ!」という気持ちを高める方法はたくさんあります。

子どもにはどのようなやり方があっているかな、と考えられた際には、初回無料面談(50分)にお越しください。

無料面談について詳しくはクリック

 

関連ワード: , , , ,