中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校幼稚園の不登校

【対応方法】子どもがお母さんから離れない時はどうしたらいい?

こんにちは。不登校支援センター東京支部の小林矩子です。

子どもの甘えが強くなっている時、

  • 甘えたいならとことん甘えさせた方がいい・・・?
  • 甘やかしになってしまうから突き放すべき・・・?

どのような対応をすればいいのか、迷われる方も多いのではないでしょうか。

また、「正解が分からず、一貫した対応が難しい!」という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで本日は、子どもの甘えの意味と対応の仕方について、考えていきたいと思います。

甘えが生じる背景とは

さっそくですが、子どもが甘える時とは、どのような時でしょうか・・・?

小さい子どもを思い浮かべてみると、

  • こわいものをみた時
  • 知らない場所で不安な時
  • 眠くなり、ぐずってきた時

こんなときに、抱っこをせがんだり、甘えたりすることがありますよね。

人は気持ちが弱ってきた時、安心できるところを求めるそうです。

安心できる場所で気持ちを落ち着かせたり、自信を回復したりしながら、また自分で頑張っていけるよう準備をするのですね。

そこで、対応を考える際には、甘えて安心することだけではなく、

「自分でやっていくための自信をつけていくこと」

もポイントになっていきます。

子どもの言うことをすべて聞けばいいの?

不安でいっぱいの子どもや、疲れきっている状態の子どもにとって、まずは

①安心できる環境で甘える時間

が大切になります。

ただし、ある程度心の充電ができてくると、今度は

②自分でやっていくための自信をつけていく

段階に移ります。

そこで生じてくるのが、依存と自立の葛藤です。

  • 安全な場所で甘えていたいという依存心
  • 自分で好きなようにやりたいという自立心 

これらが同時に生じるために、親御さんにわがままを言うような甘え方や、周囲をコントロールしようとする甘え方が生じてくる場合があります。

ここで注意していただきたいのが、子どもの言うことを全て聞けばいい、という訳ではないということです。

思い通りにならないと気がすまない、という場合について

「子どもの気持ちを安定させるためには、ゲームや玩具を全て買ってあげたり、子どもの言うことを全て聞いたりしなければいけないのか・・・」とご不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

特に甘えが強くなっている時、子どもは、自分の思う通りにならないと怒ったり、泣いたりすることが多くなりますよね。

そこで、子どもが思い通りにならなくて感情をあらわにしている時に、考えていただきたいポイントがあります。

それは、

  • 今、子どもの思い通りのことが生じて、一時的に気持ちが安定すること
  • 望まない出来事が生じた時であっても、子どもが自分で気持ちを整理できるようになること

この2つを比較して「どちらの方が必要かな?」ということを、考えてみていただきたいのです。

 

・・・子どもがお母さんから離れていく上では、後者が必要になる時もきっとあるのではないでしょうか?

「自分が困ったら周りが何とかしてくれる」という依存心だけでなく、「困ったら自分で何とかしてみよう」という自立心も育っていくことで、

  • 「少し自分でがんばって、あとでお母さんに褒めてもらおう!」
  • 「疲れたらお母さんのところに甘えにいけるから、大丈夫だ!」

という甘え方もできるようになっていきます。

これらのことから、甘えの強い子どもに対しては、ただ甘やかすだけでもなく、突き放すわけでもない、

「自立心を高めていくアプローチ」

が大切になると考えています。

最後に・・・

甘えが強い子どもには、

  • 家で自信を回復すること
  • 外で自信をつけること

の双方が大切になっていきます。

お悩みの際には、不登校支援センターのカウンセラーに是非お気軽にご相談くださいね。

無料面談について詳しくはクリック

 

 

関連ワード: , , , , , , , , , , , , ,