不登校解決現場レポート中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校幼稚園の不登校高校生の不登校

心のエネルギーってなに?~今日から出来る心のエネルギーの蓄え方~

こんにちは。不登校支援センター名古屋支部の田淵友里です。

気温差が激しい季節となりました。インフルエンザも流行り出しているとニュースで見て、予防をしっかりしていかなければと思った今日この頃です。

ちなみに私は、中学1年生からインフルエンザはかかったことがございません!・・・が油断大敵です!

みなさまも、体調にはお気をつけくださいね。

今回は、「心のエネルギー」についてお話していきたいと思います。

不登校支援センターにカウンセリングにいらっしゃる親御さんの中には、他の機関を利用されたことのある方も勿論いらっしゃいます。

そして、「他機関からどのようにお子さんの状況について言われていますか?」とお聞きすると、

「心のエネルギーが足りていないのでしばらく様子を見ましょうと言われました」

とよく仰られます。

そして続けておっしゃるのが、「でも心のエネルギーって何なのでしょうか?エネルギーが溜まっているかどうかってどうやってわかるんでしょうか?」ということです。

みなさまも

  • 心のエネルギーってなんだろう?
  • なにが溜まってきた状態を指すの?
  • 心のエネルギーが回復するまで何もしないで見ておけばよいの?

などの疑問を感じますよね。

そもそも心のエネルギーが不足している状態って?

不登校の子どもは、自分自身が学校へ行けていないという状態に対して、罪悪感や葛藤を抱き、苦しむという心理的状態にあることが多いです。

そういった心理状態の中では、不安感が増幅し、自己否定を繰り返し、次第には心が疲弊していきます。

  • だんだん表情が暗くなり・・・
  • 行動を意欲的に、自発的に起こせなくなり・・・
  • 無気力な状態が続く・・・

この状態が「心のエネルギーが不足している状態」になります。

たとえば、お風呂に入ろうとしない、髪の毛もバサバサのまま一日家にいることが多い、服装もずっと同じ、など、身なりに気を遣わなくなることなども、心のエネルギーが不足している1つのサインになります。

なぜ心のエネルギーがなくなるのか

心のエネルギーがなくなりやすい子どもの特徴についてお話します。

  • 行動すべてに自信がなく常にびくびくしている
  • 一生懸命頑張りすぎてしまう
  • 他人に気を遣いすぎてしまう
  • 先の不安を考えすぎてしまう
  • ネガティブなイメージをすることが多い
  • 目標を高く設定しすぎてしまう
  • 我慢をしすぎてしまう
  • 周りに合わせすぎてしまう
  • 責任感が強すぎる

などです。

子どもに当てはまる項目はありましたか?

誰しも1つ、2つは当てはまるのではないかと思います。私も当てはまる項目いくつかございます。

ただ、我々は、心のエネルギーが不足してきたなぁと感じると、無意識にエネルギーをチャージするための行動を起こします。そしてエネルギーを補充したことによって、次に備えるということが自然とできています。

しかし不登校の子どもはそのエネルギーが不足しても、チャージする機会がほとんどなかったり、チャージをする方法がわからないということが多いのです。

心のエネルギーをチャージするためにはどのような働きかけをすればよいの?

よく、他機関が「様子を見ましょう」とお話されますが、「様子を見る」だけでは、どんどんエネルギーが流出していきますよね。

なのでそうではなく、ご家庭の中でもできること、をお伝えしていきたいと思います。

たとえば・・・

  • 子どもの好きなものの話をする
  • 趣味を肯定する
  • 外出先で「楽しい」「うれしい」といった成功体験を増やす
  • 今出来ていることをお子さんと共有する
  • 小さな目標を子どもと一緒につくる
  • ネガティブな気持ちを否定しない
  • 子どもの行動の変化をキャッチする

などです。いかがでしょうか。

もちろん子どもの状態によってどういったアプローチが有効かは異なってきますが、まずは今日から実践できるものもありますよね。

是非一度試してみてください。

それでもやはり子どもの今の状況がわからない、変化が見えない、対応がわからない、という親御さんは無料の初回面談(50分)もございますので、一度ご相談にお越しください。

無料面談について詳しくはクリック

 

関連ワード: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,