お悩み解決「一問一答」不登校解決現場レポート中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校幼稚園の不登校高校生の不登校

”コミュ力”がないから学校がつらい~「コミュニケーション能力」とは何なのか?~

こんにちは。

不登校支援センター大阪支部の江口鈴奈です。

2学期がスタートしたこの時期、

「2学期は行事もあるから友達をたくさん作るチャンスでもあるけど、

 自分は”コミュ力”がないからな・・・」

と不安そうに話す子どもたちの言葉をよく耳にします。

「自分には”コミュ力”がないからクラスに馴染めないし、学校に行きたくなくなる。」

と気持ちを教えてくれる子どももいます。

最近よく言われる「コミュ力(=コミュニケーション能力)」

みなさんは「コミュ力とは?」と聞かれるとどんなスキルが思い浮かびますか?

コミュニケーション能力とは?

コミュニケーション能力に自信がない、と話す子どもたちは

●自分の話をすることが苦手

●相手との話を続けることができず、沈黙が気まずくなる

●みんなの話に入っていくことができない

ということを困りごととして話してくれることがあります。

しかし、カウンセリングの中でその子たちと話していると、

●周りの人のことをよく見ていて、細かいことまで気遣える

●カウンセラーの話に、丁寧に相槌や反応をしてくれる

●相手との関係性が深まれば、自分から積極的に話すことができる

・・・など、客観的に見ると「コミュニケーションするにあたって大切な力」を十分持っているように思う子どもも多くいます。

子どもの困っている気持ちを受け止め、共感することは前提のもとですが、

その子どもたちが「コミュ力がない」と思い込んだままなのは、少しもったいないですよね。

「ENDCOREモデル」によると・・・

「コミュニケーション・スキル(能力)」を定義づけしたものに、「※ENDCOREモデル」というものがあります。

(※藤本学,大坊郁夫,2007年の研究)

以下の6つの項目に細分化したもので、こちらを参考に「コミュ力」を具体的にイメージしてみたいと思います。

その6つとは・・・

①自己統制

=自分の感情や行動をうまくコントロールする

②表現力

=自分の考えやきもちをうまく表現する

③解読力

=相手の伝えたい考えや気持ちを正しく読み取る

④自己主張

=自分の意見や立場を相手に受け入れてもらえるように主張する

⑤他者受容

=相手を尊重して相手の意見や立場を理解する

⑥関係調整

=周囲の人間関係にはたらきかけ良好な状態に調整する

このように細分化して考えてみると、一概に「コミュニケーション能力」といっても、

人それぞれ苦手な項目もあれば、「あ、これはできているかも」と思う項目もあるのではないでしょうか??

「コミュ力がない」を具体的に考えてみる

●「コミュ力がない」という子どもは、対人コミュニケーションの中でどんなことを苦手だと感じているのか?

●今すでにもっているスキルにはどんなものがあるのか?

●どんなコミュニケーションや関係性を理想としているのか?

そういったことを考えてみるのも、子どもが周囲とのコミュニケーションを考える際のヒントになるかもしれません。

ご家庭の中だけでは、お困りごとについて具体的に考えることが難しいケースも多いかと思います。

そんなときはぜひ我々カウンセラーにご相談くださいね。

無料面談について詳しくはクリック

関連ワード: , , , , , , , , , , , , , , , ,