中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校高校生の不登校

今すぐ出来る!子どもへの【寄りそい方】とは?

こんにちは。不登校支援センター東京支部の小林矩子(こばやしのりこ)です。

穏やかな風が吹き、春らしい季節となりましたね。

さて、新学期が始まりました。

慣れない環境のなか、不安や心配、疲れ・・・等々を感じている子どもも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そうした子どもに「寄りそう」ということについて、考えていきたいと思います。

子どもに寄りそう。ってどうゆうこと?

「子どもに寄りそう」

よく使われるフレーズではありますが、

具体的にはどのようなことがあてはまるでしょうか。

例えば・・・

  • 子どもの言葉に耳を傾ける
  • 子どもの言葉や行動を否定せず、そのままに受けとめる
  • 子どもの気持ちを汲み、温かく接する

などが思い浮かんできます。

自分の考えや気持ちをおだやかに聞いてもらえると、もやもやとしていた気持ちを整理できたり、少し自信がでてきたりしますよね。

子どもも、寄りそってもらうことで、自分の気持ちを整理しています。

不安な気持ち、いらいらする気持ちなどを親御さんに受けとめてもらうことで、

子どもは、

  • 安心したり
  • 自分の気持ちが整理できたり
  • 前に進む自信や勇気が生まれたり
  • 他の人に対して寛容になれたり 等

といった経験をしているのです。

こうした理由から、寄りそうことが大切だと言われているのですね。

ただ、常に子どもと寄りそうというのは、なかなか難しいものです。

親御さんとしては、長い時間子どもと顔を合わせていたり、お仕事や家事などで疲れていたりすると、「寄りそう」ことが難しいこともあるかと思います。

また、時には、ただ寄りそうばかりではいけない場面も出てきますよね。

そこで、意識して寄りそう時間を作ることが大切になってきます。

無理のない「寄りそう時間」をつくってみる。

  • 「この10分は、子どもが何を感じているのか、ゆったりと話を聞いてみよう」
  • 「この15分は、子どもの言葉に口をはさまず、意見をじっくり聞いてみよう」

10分でも、15分でもいいのです。

親御さんが余裕を持ってできそうな範囲から、意識して「寄りそう時間」を作ってみてはいかがでしょうか。

子どもの気持ちや考え方について、新しい見方ができるようになるかもしれません。

最後に・・・

どのように寄りそうことがいいのか、といったことは、子どもによって、ご家庭によって様々です。

いつ、どのように寄りそうことができれば、より子どもの自信につながるのか。

迷われたときには、ぜひ不登校支援センターでご相談くださいね。

無料面談について詳しくはクリック

 

 

関連ワード: , , , , , , ,