「考え方」に関連する記事

大学生のAくんが、アルバイト先で知った「言葉の捉えかた」の大切さ

こんにちは。不登校支援センター名古屋支部の伊藤みゆきです。 6月に入りましたね。令和の時代も1ヶ月がたち、当初のにぎやかさは少し落ち着いてきたようにも感じますね。 不登校支援センターには、今現在不登校の状態の子だけではなく、不登校状態から抜け出した後も足を運んでいる子が少なくありません。 日々 …

不登校解決現場レポート

なんでうちの子はこう考えるんだろう?~親子の会話で意識したいポイント~

こんにちは。不登校支援センター大阪支部の桒原航大(くわばらこうだい)です。 本日は、以前の面談で印象に残った親御さんとのやりとりを取り上げたいと思います。 子どもと親御さんのある日の会話 中学生の子どもと親御さんの日々の会話の中で、あるとき、このようなやり取りがあったそうです。 子「今日、Aさんがし …

お悩み解決「一問一答」不登校解決現場レポート

学校へ行く前に具合が悪くなるのはどうして?~心と体のつながり~

こんにちは。不登校支援センター東京支部の小林矩子です。 学校へ行く時間になると、 頭やお腹がいたくなる 気持ち悪くなる 熱が出てくる といった子どもがいます。 病院へ行っても問題ないと言われたり、お昼ごろには元気になっていることもあるため、不思議に思われる方も多いようです。 そこで …

中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校幼稚園の不登校高校生の不登校

不登校支援には必須!親御さんのセルフケアの大切さについて

こんにちは。不登校支援センター名古屋支部の田淵友里です。 あたたかい日が続いており、やっと衣替えもでき嬉しい気持ちです^^ 先日、私が銀行に行ったときのお話しです。 その日はなぜか銀行がとても混んでいました。 よく見ると、ATMを使っているのはおそらく近くの学校に通う留学生でした。その留学生は、送金 …

不登校解決現場レポート中学生の不登校小学生の不登校幼稚園の不登校高校生の不登校

自宅で簡単に出来る30秒でやる気を出す方法とは?

こんにちは。不登校支援センター仙台支部の上原です。 5月病という言葉が聞こえ始める時期になってきました。最近では6月病なんてのも出てきたようです。 そこで今回は、やる気を出す方法についてお話してみたいと思います。 やる気が出ない状態とは? そもそもやる気が出ない状態は、大きく分けて3つのパターンが …

不登校解決現場レポート

「勉強する(学校に行く)意味がない」という子どもの対応方法

皆さん、こんにちは。不登校支援センター福岡支部の永島です。 新年度の生活はいかがでしょうか? 新しい生活がはじまり、人間関係で躓く子どもも多いですが、学校と言えば「勉強」と思う方もいらっしゃると思います。そして、その勉強で躓く子どもも多いのでは無いでしょうか。 勉強で躓いている子どもの中には …

お悩み解決「一問一答」不登校解決現場レポート子供の心理学

性格は変えるモノ?活かすモノ?~子どもが前に進むために大切にしたい考え方~

こんにちは。不登校支援センター大阪支部の桒原航大(くわばらこうだい)です。 本日は面談でもたびたびご相談いただく内容について取り上げたいと思います。 学校に行くためには、○○な性格を変える必要がある? 「学校に行くためには、ウチの子の○○な性格をなんとかしないと(変えないと)いけないと思うんです。」 多く …

不登校解決現場レポート

生きるのが楽になる鈍さと不登校の関係性

こんにちは。不登校支援センター仙台支部の上原です。 新学期も始まり暫く経ちましたが、皆様のご様子は如何でしょうか?幸い、私のところに来ている方は概ね順調のようでほっとしております。 さて本日は・・・ 生きるのが少し楽になる鈍さについてお話したいと思います。 鈍さとは 少し前に「鈍感力」という言葉が …

不登校解決現場レポート

「新学期からは頑張って学校へいくよ!」という子どもの声を聞いた親御さんに知ってほしいこと

こんにちは。不登校支援センター大阪支部の黒木ゆかりです。 すっかり春らしくなりましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。新年度に向けて気持ちも切り替え、何か新しいことにも挑戦したい気分ですね。 学校に行きにくい日が続いていた子どもにとっては、環境ががらっと変わる新年度は、「4月からは学校に行こう …

中学生の不登校子供の心理学小学生の不登校高校生の不登校

不登校専門カウンセラーが伝える子育て術〜怠けへの対応方法〜

こんにちは。不登校支援センターの横浜支部の庄子大貴です。 2月にはいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて今回は「不登校支援のカウンセラーから伝えられる子育て術」として・・・ 「うちの子どもは怠けているだけ」と感じている親御さんに伝えたいたった一つのこと」 をお送りしようと思います。 …

子供の心理学