不登校解決現場レポート

2年前(当時:中学生)に復学したお子さまを持つ親御さまから頂いた電話の内容とは?

こんにちは。不登校支援センター事務局の佐藤です。

寒さも少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる頃となりました。
そして、クリスマスイルミネーションが目を楽しませてくれる季節でもありますね。9a60a27a8598deecc46890e84fedf0ba_s

今回は、2年前に不登校支援センターに通い復学[現在:高校生(当時:中学生)]された親御さんから先日いただいたお電話のお話です。

先日、事務局の電話が鳴りました。

いつも通りに私は、電話を取りました。

「不登校支援センター 事務局 です。」と

すると

「2年前にセンターに通っていたのですが・・・」

とお話が始まりました。

話を伺うと、お子さんは中学生の時にセンターに通い学校へ復学されたそうです。

高校生になった今も学校へ登校されています。

ですが、お電話の内容は「子どもが○○先生と話をしたいと言うんです。相談したいことがあるみたいで・・・。○○先生の予約をとりたいんですが」という内容でした。

学校に復学して、高校生活をスタートさせていく中で、2年前に関わっていたカウンセラーに相談したいと思うということ、そしてそのお子さんにとって○○先生との出会いというのは大きな意味があって、壁にぶつかった時に相談したいと思う存在であるのだと思うと、私までとても嬉しく感じました。

みなさんは、壁にぶつかった時に相談したいと思う人はいらっしゃいますか?

不登校支援センター事務局では、日々様々な内容のお電話をいただきます。

初回無料面談を受けるにあたって不安に思うことや知りたいこと、不明点などありましたら、是非問い合わせをしてみてくださいね。

無料面談について詳しくはクリック

関連ワード: , , ,