お悩み解決「一問一答」子供の心理学

子どもの口癖が「たられば」なら要注意!「たられば」で解る子どもの心!

こんにちは、不登校支援センター大阪支部の篠倉です。

まだまだ寒さが続いており外出するにも、エネルギーが必要になりますね。大人であっても朝は、「あと少し・・・」と布団にくるまり、グズグズしてしまうこともあるかもしれません。「もっと暖かければ・・・」「今日が休みだったら・・」と考えながら、布団の中から出た経験がある方は多いのではないでしょうか。

本日は、このような「たられば」について考えてみたいと思います。

「たられば」って?

  • 「もし~していたら」
  • 「もし~があれば」

というように思考をめぐらし、「結果がはっきりした後で、事実とは異なることを仮定してする後悔」という意味のようです。

カウンセリングの中でも「たられば」はよく聞く言葉です。

例えば・・・

  • 「もし、違うクラスになっていたら・・・」
  • 「もし、あの先生だったら・・・」
  • 「もし、もう少ししっかりと勉強していたら・・・」

と、自分の置かれた環境や過去を嘆いているようです。

見方が変わると・・・

しかし、そんな子ども達の「たられば」も時間の経過とともに変化が見られることがあります。

「もし、勇気を出して自分から話しかけてみたら・・・」
(気の合う仲間が見つかるかもしれない。)

「もしかしたら、厳しいと思える先生も・・・」
(耐える力をつけることや、やったらできることを教えてくれているのかもしれない。)

「もし、少しずつでも苦手科目の勉強を始めたら…」
(少しずつ理解できるかもしれない。)

精一杯もがいて、現状を打破しようとする気持ちがみられますね。

マイナスの「たられば」からプラスの「たられば」へ

過去や環境を嘆くだけではなく、地に足をつけ自身の現状を受け入れ、未来を見据えた意識に変わっていく「たられば」に変わると考えや気持ちにも変化が見えますね。そんな時は、さらに子ども達の話に耳を傾け、プラスの「たられば」を具体的に、そして未来に対する自分自身の行動となるように、サポートしていきたいものです。無料面談について詳しくはクリック不登校支援無料相談会について詳しくは

関連ワード: , , , , , , , ,