お悩み解決「一問一答」

こだわりは無くすもの?~「こだわり」の強さから「意志」の強さへ~

こんにちは。不登校支援センター東京支部の小林です。

本日は、子どもの持つ「こだわり」についてお話させていただきますね。

「こだわりが強い」

さっそくですが、みなさんはこの言葉にどのようなイメージを抱かれるでしょうか。

こだわりは、幼少期から子育て相談で話題にでるワードの1つです。

小さい子ほど自分の気持ちにとても素直で、

「ほしいものはほしい!」

「やりたいものはやりたい!」 を全力でアピールしてきます。

余談ですが、先日1才半くらいの子が、天井を指さしながら「とっち(取って)!!!」と大泣きしているのを目にしました。どうやら緑の光る「非常口」がとても魅力的だったようです。

一回ほしくなっちゃうと気持ちをおさめるのは大変ですよね・・・

こうしたことは多くの子が通る道ではありますが、年齢があがってくると、このアピールが「こだわりの強さ」と言われてしまったり、周りから「あきらめること」や「我慢すること」を求められるようになっていきます。

そこで一度、反対の想像をしてみたいと思います。

あきらめや我慢を覚えた小学生くらいの子が、

「どうせ手に入らないからいいや」

「思い通りになんかいかないものだし」

「できなくても仕方ないよね」

こうした言葉をたくさん使い始めたらどうでしょうか・・・?

物わかりのいい子と感じることもありそうですが、今度は、

あきらめが早い

活力に欠ける

もっと素直になったらいいのに  

などと心配に思うこともあるかもしれません・・・。

「こだわり」の強さから「意志」の強さへ

こうして考えると、こだわりの強さは「こうしたい!」という自分の意志を貫こうという気持ちのあらわれでもあり、必ずしも悪いものではなさそうです。

却って、気持ちのコントロールが上手になってくると、「こだわりの強さ」は「意志の強さ」や「自主性」に進化する可能性を秘めています。

そこで、「こだわり」はなくすものではなく、視野を広げたり、気持ちのコントロールの仕方を身につけながらしなやかに育てていくもの、イメージを持っていてもいいのかもしれません。

サポートの仕方についてお困りの時には、お近くのカウンセラーにご相談くださいね。

無料面談について詳しくはクリック

関連ワード: , , , , , , , , ,